保健師
清水区役所 健康支援課
主任保健師
中島 千草
平成17年度採用
配属先
平成17年度~平成18年度
病院局 清水病院 看護科 (現 保健福祉長寿局 清水病院 看護部 看護科)
平成19年度~平成25年度
保健福祉こども局 保健衛生部 健康づくり推進課 (現 葵区役所健康支援課 城東・藁科・東部保健福祉センター)
平成26年度~
現所属
※現在は、病院看護師から行政職(保健師)への異動は行っておりません。

知識や経験を活かして市民の皆さんの健康を守っていく

私は、これまでに培った看護の知識や経験を活かして、幼児健診の運営、家庭訪問による育児相談、特定健診を受診した方への保健指導など、あらゆる世代の方の健康増進や疾病予防に関する業務を行っています。幼児健診では、安心・安全に健診を受けていただくとともに「健診を受けてよかった」と思っていただけるよう、職員みんなで意見を出し合い工夫しながら行っています。清水保健福祉センターで働く保健師の間に先輩後輩の垣根はなく、自分の考えを伝え合える笑顔と活気にあふれた職場です。

やりがいは”相談してよかった”の言葉

私自身が子育ての真っ最中ということもあり、幼児健診などで保護者の方から挙がる子育ての悩みや不安にとても共感でき、同じ母親の立場として私自身が学ばせていただくことも多いです。私の保健師としての知識や経験を踏まえた助言に対して「相談してよかった、やってみます」などの言葉をいただけたときは、これからの子育てを前向きに考えてもらえたかなと感じ、うれしさとともにやりがいを感じます。

皆さんが抱える不安や悩みに寄り添った支援

市民の皆さんと近い距離感で様々な考え方や悩みの声を聴けることが、保健師としての成長につながっていると思います。インターネットなどで簡単に情報を得られる時代ですが、私の知識や考えを一方的に伝えるのではなく、その方が抱える不安や悩みに対して寄り添って考え、その方に合った情報を伝えたり支援することをこれからも心掛けていきたいです。また、公私ともに忙しい中でも楽しく仕事ができるよう、体と心のリフレッシュも心掛けています。

未来の市職員を目指す人へ

担当地区には外国出身の方が多く、どのようにコミュニケーションをとって関係性を築いていったらよいか日々試行錯誤しています。緊張しながらも相手に関心を抱いて、積極的に接することで、相手も歩み寄ってくれたと感じる場面が多くあります。相手の方に興味を持ち、様々な経験を積む事が「寄り添った支援」につながっていると感じています。静岡市の保健師として、一緒に楽しく経験を積んでいきましょう。

よくある1日の流れ

8:30
勤務開始、メールチェック
8:45
幼児健診の打合せ・家庭訪問の準備
9:30
家庭訪問
12:00
お昼休憩
13:00
幼児健診
14:00
説明会の会場確認
16:15
家庭訪問の記録作成
17:15
勤務終了

※掲載職員の所属・職位は令和3年3月現在のものです。

職種の紹介一覧へ