総務局 広報課
主任主事
入月 貴子
配属先
平成20年度~平成22年度
水道維持課(現:水道管路課)
平成23年度~平成27年度
観光・シティプロモーション課(現:観光・国際交流課)
平成28年度~
現所属

Q.「シズママ」の活動内容について教えてください。

目的:静岡市職員のための子育てサークルとして、仕事と子育ての両立や、子育て中の職員特有の悩み・不安について相互に話し合う場を提供し、すべての静岡市職員が輝き活躍できる職場づくりに貢献することを目的としています。

活動内容:①子育て関連イベントの企画運営、②平日昼休みに子育てなどの情報交換をする「ランチケーション」、③SNSを通じた情報発信・交換などです。

イベント等実績【抜粋】
・休日イベント「ハワイアン親子リトミック」・・・ハワイアンリトミックの講師を呼んで親子で体験
・休日イベント「チーズを使った時短料理」・・・地元ワイン・チーズ専門店から講師を招き親子料理教室
・庁内イベント「赤ちゃん登庁日」・・・今年で3回目!昼休みに職員の赤ちゃんと触れ合う
・情報交換会「教えてみんなの子育て!センパイ職員の仕事と育児ハッピー両立アドバイス」 などです。

Q. サークルを立ち上げた理由を教えてください。

自分自身が出産・育休を経て職場復帰をする中で、子育てと仕事の両立や短時間勤務のことなど、さまざまな疑問や不安があり、それらの悩みを職員同士で情報交換できる場があるとよいと思いました。

また子育て支援センターや児童館で行われる未就学児の親子イベントは、ほとんどが平日午前中の開催のため、職場復帰してしまうと参加が難しく、我が子と触れ合う時間がとても減ってしまいました。そこで、そのようなイベントを同じように感じている職員が参加できる休日に実施したいと考え、賛同してくれたメンバーとともに平成25年度にこのサークルを立ち上げました。

Q. 実際に活動してみた感想や、活動を通じて得られた経験について教えてください。

イベントを企画しながらスタッフ同士で普段の悩みなどを共有し、楽しく活動しています。

メンバー全員が子育て中で多忙のため、イベントの企画や通常の連絡はグループラインでやり取りをしています。実際に顔を合わせるのは年に数回のランチケーション程度ですが、それぞれが無理のない範囲で活動しています。

赤ちゃん登庁日については、新聞やテレビに取材していただき、年々来場者も増え、手ごたえを感じています。女性の活躍促進や少子化が叫ばれる中で、育児は家庭内のことだけではなく、仕事とも密接な関係になってきていると思います。シズママとして、子育ての悩みを解決するだけでなく、職場と子育て世代との懸け橋になり、より子育てしやすい職場環境をつくるきっかけになればと考えています。

最後に、これから市職員を目指す方へのメッセージをお願いします。

公務員は早くから産休・育休が普及してきた職種だと思いますので、男女の枠に捕らわれず、子育てをしながらも十分に自分の力を発揮する環境が整っていると感じます。同じ経験を経てきた職員、まさに同じ境遇にいる職員が周囲にいるため、職場全体において育児に対する理解があります。

私の場合は今はまだ子どもが小さく、年次有給休暇や夏季休暇のほとんどが子どもの病気への対応などに費やされてしまっていますが、子どもがもう少し大きくなったら、計画的に休暇を取り、自分の趣味や家族との時間を有意義に過ごせると思うので楽しみです。

※掲載職員の所属・職位は平成30年12月現在のものです。

多彩なライフスタイル一覧へ