化学
環境局 廃棄物処理課
主任技師
夏目 明彦
平成30年度採用
配属先
平成30年度~
現所属

緊張感と責任感を持ちながら清掃工場で働く

私は静岡県外の出身ですが、静岡市で学生時代を過ごし、このまちに貢献できる仕事がしたいと思っていました。そのときに、自分が学んだ化学に関する専門知識を活かしながら、幅広い分野の業務に携わることができる市の化学職の存在を知り、静岡市職員になろうと決めました。
私は現在、清掃工場において廃棄物の処理過程で発生する排水の水質が、公共用水域に排出するための基準を満たしているか検査、確認する業務を担当しています。検査結果によっては、有害物質を取り除くために投入する薬品の量の調整が必要になるなど、処理施設の運転管理に影響することもあるため、緊張感と責任感を持って仕事をしています。

他の職種の職員と一緒に仕事をすることで多くの刺激を受ける

廃棄物処理課は、化学職だけでなく電気職や機械職といった他の技術職員も多数配属されています。処理工程の水質に問題が生じた際は、設備管理を担当する他の職種の職員と相談しながら仕事を進めることも多く、刺激を受けながら楽しく仕事をしています。
また、上司からの呼び掛けもあって、休暇が取りやすく、プライベートを充実させることができています。「早出遅出勤務」など、ワークライフバランスに関する制度も充実しており、柔軟な働き方が実現できる職場です。

化学の知識を活かし、市民の安心・安全を守る仕事

施設の維持管理をしていると、様々なトラブルが発生します。例えば、台風などによる大雨が、処理施設からの浸出水の水質に影響を与えることがあります。浸出水は放流水の水質に影響するため、水質悪化の傾向が見られた際には、法律の基準を順守するために関係者と連携し対応を協議するなど、様々な経験をしてきました。
化学職の仕事は、検査・分析だけではなく、大気・水質の監視、工場への立入指導など多岐にわたっており、それらがすべて、市民の皆さんの安全・安心を守ることにつながっています。化学の知識を活かしてこのまちに貢献できる仕事です。ぜひ一緒に働いてみませんか。

とある1日のスケジュール

8:30
勤務開始、採水準備
9:00
採水(清掃工場、最終処分場)
11:00
検査の準備
12:00
昼休み
13:00
検査開始
16:00
課内打合せ、書類作成
17:15
勤務終了

※掲載職員の所属・職位は令和4年3月現在のものです。

職種の紹介一覧へ