人材育成
HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

目指すべき姿「使命感と熱意を持ち、自ら考え行動できる職員」

第3次総合計画のまちづくりの目標である「『世界に輝く静岡』の実現」のために、私たち静岡市職員には、市民から信頼される静岡市職員として、自らの役割を認識し、前例にとらわれない新たな視点をもち、目の前にある課題を主体的に解決していくチャレンジングな姿勢と、将来的な物事の変化に柔軟に対応し最後までやり遂げる実行力が求められています。

使命感

市民から信頼される静岡市職員として、責任感と高い倫理感を持ち、全体の奉仕者として行動している

×
熱意

組織や自己のあるべき姿を理解し、チャレンジ精神を持って粘り強く職務に取り組んでいる

×
自ら考え行動

自己の職責を自覚し、組織の目的や目標を達成するため、組織の力が最大限発揮できるよう自ら積極的に行動している

人材育成の取組方針

平成31年4月~令和5年3月を対象期間とする「静岡市新人材育成ビジョン(改訂版)」では、「人を育てる組織への転換」を取組方針に掲げ、「人を育てる場」、「人を育てる意識」、「自ら成長する意欲(熱意)」を3つの柱とした取組により、組織全体で人材育成を推進します。

人を育てる場

「職員は、職場での仕事を通じて成長すること」を意識

  • 職員が活躍できる職場づくり
  • 職員一人一人のOJTの推進
人を育てる意識

「個々の職員の成長意欲を、組織の成果に繋げること」を実現

  • 管理監督職のマネジメント能力の発揮
自ら成長する意欲(熱意)

「職員一人一人の自発的かつ主体的な成長」を促進

  • 主体的に業務に取り組む若手職員の育成
  • 今後の組織の中核を担う女性職員の育成
  • 第一線で活躍する再任用職員の育成

職員の人材育成

人材育成の主役は、職員一人一人であり、OJT、Off-JT、自己啓発のそれぞれの特性や利点を活かしながら、組織全体で人材育成を推進します。

OJT

職場での職務を通じて知識・技能・態度等を継続的かつ計画的に指導するもので、人材育成の基盤となるもの。

Off-JT

職場から離れて、業務に必要な知識や能力を学ぶもの。集合研修と派遣研修がある。

自己啓発

職員自らが、知識の習得や能力の向上のため、主に勤務時間外を利用して、自発的かつ主体的に取り組むもの。


静岡市新人材育成ビジョンの詳細についてはこちら

技術職員

静岡市では技術職員の人材育成を計画的に進めています。

静岡市技術職員人材育成ビジョン2.1MB

職員研修体系

集合研修 PICK UP!

新職員研修

新規採用職員が、静岡市職員として必要な知識や心構えを学ぶとともに、職員としての成長の方向性について考えることを目的に、採用1年目に4回の研修を実施します。また、新職員とOJT指導員が直接対話する機会を設け、互いの考え方や視点を学び、指導員の「人を育てる意識」の向上と、新職員の「自ら成長する意欲」の向上に繋げるため、新職員×新職員OJT指導員クロス研修を実施します。

選択研修

政策形成能力、業務遂行能力、コミュニケーション能力、法務能力など、職務の遂行に必要な知識・スキルを習得するため、選択研修を実施します。選択研修は、受講したい研修を職員自ら選ぶことができます。

自己啓発支援の体系

市民応対・おもてなしマインド向上に向けた取組

静岡市職員の行動指針<クレド>

静岡市では平成28年度から、市職員が市民の皆さんに接するときの行動指針「クレド」を定め、名札の裏側に常に携帯しています。なお、市民とは、一般市民のほか、事業者など窓口や電話で応対するすべての方、さらには職員間のやり取りを含みます。
静岡市職員の行動指針〈クレド〉
  1. お客様の時間を大切にします
  2. さわやかにお客様を迎えます
  3. お客様の声に耳を傾けます
  4. わかりやすく、ていねいに説明します
  5. 手ぎわよく正確に仕事をします
  6. 気持ちよく利用できる空間をつくります

職員コンシェルジュ

静岡市では令和元年7月から、静岡庁舎、清水庁舎、駿河区役所の3庁舎で一斉に「職員コンシェルジュ」をスタートしました。コンシェルジュは各庁舎1階フロアに立ち、来庁される皆さんへの積極的な声掛けや担当課へのご案内、付き添いを行います。 コンシェルジュ事業の目的は「市民満足度の向上」と「職員の育成(応対能力のスキルアップ)」です。最終的には全職員に「おもてなしマインド」を波及させ、“職員総コンシェルジュ”の実現を目指します!

職員コンシェルジュの詳細についてはこちら